住まいのご相談から子育て応援、健康サポートまでなんでも私達マリンフロンティアにご相談下さい。
☎: 090-6639-6873
営業時間: 11:00~20:00
営業日: 火・金・土・日(14:00まで)

【ストレスと不眠】

ストレスと不眠
ストレス状態にあると不眠になりやすくなる
あ〜それわかる、という方多いと思います。
私も色々悩んでしまう時は寝付けずに、翌日かなりキツさを感じながら仕事に行った事があります。
これはストレスがかかった時に分泌される副腎皮質刺激ホルモンとコルチコトロピンが原因です。
このホルモンの影響で、さらに睡眠を抑制するホルモンが分泌され、不眠、免疫機能の低下につながります。
どんな人がストレスにより睡眠障害になりやすいか?
・まじめで責任感が強い
・競争心が強く、負けず嫌い
・イライラしやすい
・せっかち
・完璧主義
・心配症、周りの視線が気になる
・自分の気持ちを口に出さない
などなど。
ストレスと不眠

ストレスと不眠

 

あっ当てはまるなっ
てところがあれば、早めにストレス発散をするようにしましょう。
私は身体を動かしたり、誰かに話を聞いてもらう事で客観的な意見をもらうようにしています。
それでもやっぱり、眠れないときは眠れないですけどね💦
そういう時は自律神経のバランスも崩れているので、リラックスできる環境を作りましょう。
アロマを焚く、子供と遊ぶ、動物と触れ合うなど、色々あります。
当院で行うドライヘッドスパや鍼灸もおススメです。なぜかというと、身体が緊張状態にあると交感神経が優位に働いてしまうから。
まずは身体の緊張からとっていきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。